第一回レポート

第一回 出羽島ワークショップ

2015年1月25,26日開催
坂東さんと東京、大阪、秋田から建築や街づくりに興味のある学生にひとつむぎメンバーを加えた9名が参加しました。
今回の大きな目的は“島のことを知ること”。 実際に島を歩き、島の方や教育委員会の方から島の歴史や現状を教えて頂きました。それらを基にして、”どのような島になればいいのか”を考えました。

タイムライン

Day1

11:10

牟岐港から出羽島へ。15分ほどの連絡船クルージング。

12:00

島内散策。
島の建物を建築的視点から見た坂東さんのお話に興味津々。

13:00

島の方、牟岐町教育委員会の方から島の歴史、現状などを教わりました。
学生から島について素直な感想、島の方々へ島の現状、未来について質問しました。

16:00

夕食の準備。
牟岐町で調達してきた材料で3種のお鍋作り。 島の方からアオリイカのプレゼントを頂き、お刺身に!

18:00

テーブルの上にはお鍋とアオリイカ、そしていつの間にかアイゴのお刺身も!
島の食の豊かさ、島民の方のやさしさを感じ、和やかな時間を過ごしました。 ここで2つのグループを結成。(シラタマモン、おいでってば♡)

20:30

アイスブレイクを兼ねた、坂東さん企画。
“4コマで空き家活用を考える”
①出羽島が○○になればいいのに~。
②そのためには○○が必要だ!
③そうだ‼空き家がある‼
④じゃぁ、空き家を○○にしよう!
チームで○○を考え、相互に一押しの作品を発表。

Day2

7:00

昨夜のお鍋を雑炊に!

8:00

大まかな方向性をチーム内で決定しそれをもとに島内探索。
調査、島の方へのインタビューをして白地図にまとめたり、改修が決定している空き家を図面をもとに調査。

12:00

お昼ごはんは島の奥さまの手作り。
島そうめん、ちらし寿司、レンコダイの塩焼きと煮つけ、島のテンサイで作ったコーヒーゼリーと豪華なお昼!

13:00

最終発表にむけておいこみ作業。

15:00

参加者たちで最終発表を行いました。
シラタマモン…最強の空家
おいでってば♡…縁側カフェ

16:30

WS無事終了!
出羽島プロジェクト トップページに戻る 第二回実施レポートに進む